画像9
凸記事一覧はこちらから
 オッパカンナムスタイル!!


ガレージに止めてあった愛車のチャリが予想外のパンクwww
糞ママチャリで凸する羽目に俺涙目

はい、さっきは殺人事件の記事で暗めだったんですが気を入れ直して廃テンションで行きたいと思います(うまいですね)
画像18


















ちなみに「深泥池」と書いて「みどろがいけ」と言います
日本でも有名な心霊スポットとして知られている深泥池ですが 
この池の動植物全てが天然記念物に指定されています
実はこの池、氷河期からある池なんですよ
池の1/3が浮島でなかなか珍しいそうです。

そんな深泥池。タクシー怪談の発祥の地とも言われてます。
ある夜、京都の国際会館あたりでタクシー運転手が女性を乗せました。
女性は「深泥池まで」と一言。(怖いですね)
そして深泥池につき「付きましたよ~」と後部座席を振り返ると女性はもう居らず、座席がビョショビショになっていた....
あー、怖い怖い。
この話は京都市民なら誰でも知ってるのではないでしょうか
僕もちっさい頃母親から聞かされましたw

実際、京都のタクシーでは夜の深泥池だけは客を乗せなくても良いという決まりがあります。
まぁ怪談はおいといて写真貼って行きます

画像4

結構綺麗なんですね
画像5

画像6
飛び込んでもフワフワして気持ち良さそう


よしこの辺に糞ママチャリを置いてと....
画像7



























画像8

ここから池の周りを歩く事が出来ます
と、俺より先に散歩にきたおじさんが入って行った
途中であったら気まずいなーと思いながらも突撃
画像9
やはり途中で追いついてしまった
向こうも俺に気付いたようで歩く速度を落とし
「はやく抜かせよ」と言わんばかりの表情で俺を見つめてくる(嘘です)
実際は道の横で止まってくれて「どうぞ」みたいな無言で言ってきた
俺にも礼儀ってものはあるので「すみません」と一言。

画像10






























画像14





























以下森の画像になっています
画像12

画像13
夏なら涼しそうですね

画像15

画像17

画像19

画像20

風景としては微妙...
途中で池から水が流れ込み小さな小川になっていた
その先には良く分からんが浄水(?)の機械みたいなのがあった
画像21


















画像1
帰り道にこの小川に渡るためのレンガが置いてあった
知らずにジャンプして通っていた笑

画像3
何もないただの山道をひたすら歩く

画像8


画像12
ボート発見。しかし中には水がたまりしばらく使われていないようだ


画像13
近くにオールが。さっきのボートの物なのか


池を外れ急な坂になってしまった
どこに続いているのかいまいち分からないがしんどいので引き返す事に。

帰る途中、またしてもさっきのおじさんに遭遇。
かるく会釈して通り過ぎたwwwwやっぱ気まずい

もうちょっとで道路にでる所、DQN数人が騒いでいた。
ウザかったので真ん中を思いっきり歩いてやったwやはり入口にはDQNらしき数台のチャリが置いてあった
DQNというよりかはただの中学生だったような気もする

画像15
雨が降ってきた。予報では20%のはずだったが


画像18

画像19

画像20
天然記念物と

画像21
道路から

画像22
畑見たいですね

帰りは雨に打たれ...
はい、そんな感じで糞ママチャリの呪い編でした!!
一応動画撮っていますがただの山登り動画になってしまいました、ご了承ください
http://www.ustream.tv/recorded/31756377 


―――――――――――――――
メンバー紹介とかはこちら
   ( ゚Д゚)イッテヨスィ