凸記事一覧はこちらから
 オッパカンナムスタイル!!

はい、予告通り白高大神にいってきましたよ
今回はですね、今までの心スポ凸史上の中で一番壮絶な冒険が繰り広げられました。
なんと最寄駅からの移動時間、4時間半!!!!!
実際は4時間半もかからないんですが
いろいろありましてこう言った時間になりました

では行きましょうか。
いつも心霊スポットや廃墟に行く時には
前日にgooglemapのストリートビューで目印となるものを覚えて道を確かめていました。
で、今回はPCが使えなくて上からの地図しか見れない状態に。
ipodではストリートビューは見れないのでジャーマン氏に頼むことに。
「はせお(ポケットwifiもっている)居るしダイジョブ」
ふざけんなと。地図だけじゃぜってえ無理だろ舐めてんのかと。
まぁそこでキレるわけにもいかず不安を持ちながら9時、集合場所へ
合流しジャーマン島川、はせお、ゴリ内の3人と共に富雄駅へ

PCで見れなかったのでipodの某心霊アプリで場所を確認。
大体の場所は分かるのであとは迷わないようにと
カーナビの様な、現在地が分かるアプリを入れました。

富雄からは1時間くらい大通りを歩きます。
ずっと後ろから「父ちゃん」呼ばわりしてくるメンバー共を無視しながら歩く。
「貧乳の癖にパ〇〇〇~。からのドヤ顔ォ~」を連発して挑発するジャーマンを殴り進む。

心霊アプリが示す場所は大体この辺と言う所へ。
「無いじゃん。」そのただ一言。

池がありその小道の間にあるはずが無い。
近くに浄土寺と言うお寺があるはずなので近くに居たおばさんに聞いてみた。
「白高?聞いた事ないわ。浄土寺ちゃう?あのねー。この山道を入って下って左行って。3件目くらいにあるわ」と教えていただき
向かう。
ねぇええええええええ!!どこにあるんだよ糞がwwww
カーナビアプリもちょっとバグってて現在地が分からない。
取り合えず適当に行ってみるか。とやはり分からない。
するとさっきのおばさんが!
「またあんたらか笑 浄土寺は此処上がって公民館あるから&%'$$'~#".....」
やっぱり無いじゃん。

また適当に歩く。
獣道になってしまった

雰囲気は出てるが合ってるのかな。
クモの巣がヤバいと思っていると手首にイモムシが!!
クモの巣だと思っていた物がイモムシが糸をはって垂れ下がっていたのだった(怖
振り子の様になっていて服に何匹か付いていた
キモい....キモい...キモいいいいいい!

足には毛虫。メンバー全員何かしらの虫が付いていたwwwww

獣道を歩いていると墓地に出た。
神秘的な池があったり。そこにイャンクックみたいな鳥が飛んできたり。もうどこだよここ....

兎に角一回引き返そう。と大通りに出る事に
で、ここでhttp://ghostmap.sakura.ne.jp/spotdetail.php?spotcd=71
このページにあるように行ってみた。
まず、若草台バス停まで行く事に。

その辺から心霊アプリの地図は合っているのか?と言う疑惑が産まれた...

で、そのサイトの地図を見ながら若草台まで行くのは面倒だし
こっから逝けそう。と思える道があったので行ってみた。
それらしき風景だし。さっきまでのは何だったんだと言っていた
合っていると思いきや間違っていた。
すでに富雄到着から2時間経過。
さっきまでのは何だったんだと言いながら今のはなんだったんだと思う有様。
これが俗に言う「何だったんだスパイラル」である

こっからは本当に長いし重くなるのでめっさ省略します。
めっさ角度の大きい坂をのぼったり
下ったり。また登ったり。右翼に会ったり休憩していたらヤンキーに睨まれたり。
糞長い坂を2往復しただけだった。
やっと若草台に付き、サイトに書かれていた雑木林へ
この時点でやっと心霊アプリの地図が不正確であると分かった

画像1
広がるのどかな田園風景。この道で合っているようだ。
ちらほら農家の方が作業をしている。
あっ!!とはせお氏が何かに気付き指をさしている
指の方向を見ると.....
鳥居!!!!!!来た来た来たぁああああああああ!!!
富雄到着から4時間半、時計は2時半を指していた。
ここからは俺たちの努力の結晶の画像集です。

池 釣りをしている人が数人
画像7


画像2
鳥居

画像4

ここから赤い鳥居がいっぱい続いた。
画像7


途中、建築者であり管理していたとされる中井シゲノさんの家と思われる廃屋が
画像10
不法投棄の山となっていた



画像11

奥に進む
画像18


画像19

画像20
ほうきがある
掃除する人が居るのか

画像21
狐 カッコいいね

画像23

画像24
画像2
〇〇神
よく分からない

画像4
取り合えずまた奥に進む
画像4


画像17

白高大神の本当の怖い所はまだです。
ここはですね。防空壕があるんです。
ちょっと行ってみましょう。
画像9
はい。ようやく着きました
滝の横にある洞穴がそうです。防空壕です。
かつてこの防空壕に来た16歳の少女がおかしくなってしまったとか...
(ヾノ・∀・`)ナイナイ

画像10
滝です。


画像11
防空壕の中です。
本当に危ない場所なので入るかはいるまいか迷う中LINE聞きました。
クラスのO君に入れと言われたので凸

先頭は俺。まっくらで何も見えない中、懐中電灯とipodのLEDだけで進んでいく。
画像19



入口。鎮魂の2文字が。
画像20
防空壕と言うか洞窟の様な感じ
さっきまで暑かったのに寒い。


画像21



画像22


画像は見にくいですがコレぐらいしか撮れませんでした。

画像23
画像1

洞窟はさらに続くが、急な坂になっていて怪我する恐れがあるため引き返した。
吐く息が白くなるほど肌寒い。
暗闇が一層恐怖を掻き立てた。

画像2





帰りは必然的に一番後ろへ。
上はジャーマンの背中。
後ろはめっさ怖いwwww
白装束の女が後ろから追いかけてきそうな怖さ。
心スポ凸初めて早く出たいと思ったwwww
ホテル廃墟なんて全く比にならない怖さでした。
途中ふざけていたメンバー共も結構真剣な顔をしていた

で、帰る途中にある廃屋から子どもの声が。
見ると不良が来ていた。
男2人、女3人だったかな?
軽く会釈をすると向こうのイカツイ男も若干会釈してくれた

帰りはバスに乗るため時間つぶしに始めの鳥居の近くのベンチで釣り中のおじさんを眺めていた。


画像14


記念撮影。


はい。これで「何だったんだスパイラル」編終わりです!!
4時間半彷徨い続けてきた甲斐あった!
特に洞窟は糞怖かったです。

ここに来るのに何人もの方々にお世話になりました。
途中でここの住人は白高大神の存在を知っていてわざと知らないふりをしているのではないかとか意味のわからない考えをしていた事を謝ります。
・農家のおばちゃん
・赤ちゃんずれの若い夫婦
・「車に乗って行きなよ」的な雰囲気を出しながらも去って行ったおばさん
・若草台までの行き方を詳しく教えて下さったおじさんA、B、Cさん。
・これから作業って時にも対応してくださった軽トラ一家
・バイクに乗った消防団の方
・白高付近で関西のノリで絡んでくれた農家のおじさん2人
まだまだ僕達に関わった人は居ます。覚えている範囲で書きました。
皆さんありがとうございました。
でも、間違えた地図を表示しやがったあの糞アプリは氏ね

では!!近いうちにまた!バイビー

―――――――――――――――
メンバー紹介とかはこちら
   ( ゚Д゚)イッテヨスィ