小学生の頃を思い返すと低学年の記憶なんて平面図形のようにしか見えない。過去を回想する時、時系列順に構成された記憶と当時の温度、匂いなどが呼び起こされるが、低学年の頃の記憶というのはそうではなくて「けいちゃんと遊んだ」「ゲームボーイを親に取り上げられた」とか断片はあるものの全てが薄っぺらい平面図形の同じ座標にあるようなイメージとしてか想起されない。十数年前の記憶だからだろうか。だとするとたまに思うこの葛藤や10代特有の苦悩は30、40になると今の小学生低学年の記憶のように平面図形になってしまうんだろうか。
終わらない日々への諦めか。今までの人生もずっとそうだったか。

2018-11-07-23-10-21